私たちの城陽歌謡団体連合会は、現在10サークルあり、100名以上の会員で構成されています。1サークルは2名から20名となり、市内の東部・北部・南部コミセンやカラオケ店に随時集まって歌の練習に励んでいます。
 その練習の成果は、毎年秋に開催される「歌謡のつどい」や文化芸術協会主催の「春いちばん文化まつり」および秋の市民文化祭などで発表しています。
 秋の「歌謡のつどい」は連合会独自の事業でして、およそ100名の会員が生バンド演奏や通信カラオケ(レーザー)による伴奏のもと、文化パルク城陽のプラムホールで日頃の練習の成果を競っています。
 「春いちばん文化まつり」では「花の歌謡ステ−ジ」として毎年ふれあいホールを1日中借り切って、通信カラオケ(レーザー)による伴奏で歌謡発表会を行っています。また秋の市民文化祭では、カッセトテープによる伴奏で20名余りの会員が歌っています。
 このほか各サークルでは、独自にジョイントコンサートやチャリティーコンサートを催し、会員相互の親睦および技能の向上を図っています。
 演奏に合わせて歌うだけでも楽しいものですが、私たちは同じ趣味の者同士がつどい、歌謡を通じての親睦を重ね、心身ともに健康になることを願っております。【代表 加地 和子】

No. サ ー ク ル 名 代 表 者
1 歌謡サークル スマイル 山内弥一郎
2 洛南歌謡サークル 加地 和子
3 スバル歌謡サークル 柴田 京子
4 歌謡サークルリリーズ 種田 隆雄
5 歌謡サークル「モナミ」 原  順和
6 プラム歌謡クラブ 井上 勇
7 歌謡サークル愛歌 松井美知代
8 エリカ歌謡クラブ 佐々木美智子
9  サークルR 中島ミチエ
10  梅花歌謡クラブ 奥村 光次
サ−クル詳細はこちらから
加盟団体へ戻る